2017年2月28日に、「DevOps Forum 2017」と題したセミナーを実施しました。添付のようなアジェンダにて、市場ではDevOpsでどのような価値を享受しているのか、すでに取り組みを行なっているところでは、どのような方法を取っているのか、また今後の課題は何か、という議論を交わされました。

DevOps推進協議会の会員及びそのお客様などを中心に、開催側含めて202名が参加しました。

回収したアンケートから、反応は以下のようでした。

  • 当フォーラムに参加して、参加前よりも新たにDevOpsへの理解が深まった (回答者の25%)
  • 最も満足度が高かったセッションは「DevOps2.0 バイモーダルな企業システムにおけるDevOpsの価値と、DevOps Master資格認定」(回答者の68%が「満足」と回答)
  • DevOps を実践していこうとした場合、課題となっていることは、以下(回答数の多い順)
    • 風土の醸成や、啓蒙 (34%)
    • 現状の(ITサービスなどの)契約形態 (13%!)
    • スキル(10%)

他にコメントとして、「産官学が参加したバランスの良いフォーラムだった」「初回だったが活気のあるイベントだった」などが寄せられました。

セミナー実施後、アンケート結果を各分科会での活動に早速反映し、以下を実践しております。今後の成果にご期待ください。

  • 現状のITサービスなどの契約形態に対する提言を、モデル・技法分科会で検討中
  • DevOps 2.0 で提示された方法や役割分担を、検証分科会の実証実験で実際に適用中
  • DevOps の提供事例をお持ちの方々を、会員外からより広く外部講師として招聘中

以上

<DevOps Forum 2017 実施時のアジェンダ(2017年2月28日(火)開催)>

(DevOps推進協議会会員所属者は敬称略)

10:00 オープニング DevOps推進協議会 理事長 須藤 修(東京大学大学院情報学環教授)
10:25 基調講演 日経BPイノベーションICT研究所上席研究員 田中 淳 様
11:00 事例発表 アクセンチュア株式会社 テクノロジーアーキテクチャグループ シニア・マネジャー 下野 隆資
11:30 (昼休憩)
12:40 ご挨拶 DevOps推進協議会 理事 岡田 和敏(日本アイ・ビー・エム株式会社パートナー&アライアンス事業執行役員)
12:50 DevOps推進協議会・分科会の活動状況
  • モデル・技法分科会
  • 検証分科会
  • 事例研究分科会
14:00 講演 「DevOps2.0 バイモーダルな企業システムにおけるDevOpsの価値と、DevOps Master資格認定」
株式会社戦略スタッフサービス 代表取締役 戸田 孝一郎 様
14:35 (休憩)
14:55 スピーチ 「イノベーションへのデザイン活用ー 期待と課題 ー」
経済産業省 商務情報政策局 クリエイティブ産業課 課長 西垣 淳子 様
15:30 (休憩)
15:40 パネルディスカッション テーマ「我が社はDevOpsをこう考える」
モデレータ DevOps推進協議会アドバイザー 羽生田 栄一(株式会社豆蔵 プロフェッショナルフェロー取締役CTO)
パネラー 株式会社戦略スタッフサービス 戸田 孝一郎 様
パネラー 藤井 智弘 様
パネラー マツダ株式会社 上司 和善
パネラー キヤノンITソリューションズ株式会社 新 正三
パネラー ユーオス・グループ 武藤 元美
17:00 クロージング DevOps推進協議会 広報分科会 主査 山中 進(株式会社 エム・アンド・アイ 代表取締役社長)